• WEB予約
  • LINE予約
  • お問い合せ

「反り腰猫背」と「垂れ尻猫背」はどう違うの?

【反り腰猫背の特徴】
妊娠し胎児が大きくなるに連れお腹が前に突き出し、腰はバランスを取ろうとお尻がでっぱるようになります。これが妊婦さんに多い「反り腰」です。さらにパソコンやスマホ生活で首は前に出て猫背姿勢になります。この2つが重なると「反り腰猫背」になってしまいます。妊婦さんになって反り腰になると、今まで腰痛なんてなかった人が腰痛を引き起こします。

なぜ、反り腰が腰痛を引き起こすのか?

理想的な姿勢とは、背骨がS字カーブ・生理弯曲を描いています。この生理弯曲は人間が活動する上で、最も効率よく負担のない体を手に入れるために進化してきたと言えます。ところが、著しい生活様式の変化により私たちの姿勢は本来の機能を失いつつあると言えます。

背骨について詳しく説明しますと、頚椎は半径17cm)の前弯、胸椎は半径32〜33cmの後弯、腰椎は半径19〜24cmの前弯を描いています。この3つの弯曲があることで、腰への負担を1/10まで減らすことが可能であると試算されています。上半身の体重が40kgだとすると、実に4kgまで負担を軽減させているのです!

妊婦さんのように、お腹が前に出て腰が反ることで、この腰椎のカーブ・前弯がキツくなり腰痛が起きます。腰の骨と骨の間にあるクッション役である椎間板という柔らかい緩衝材は、反り腰で押しつぶされ、骨と骨の関節にも負担がかかります。

この期間が長くなると、背骨のズレ(サブラクセーション)が引き起こります。背骨のズレ(サブラクセーション)についてはこちらの動画をご覧ください。

 

この背骨のズレ(サブラクセーション)は、神経の圧迫を引き起こし痛みやシビレの原因になっています。

【垂れ尻猫背の特徴】
妊婦さんは「反り腰猫背」になりやすいが、一方おばあちゃんやハイヒールを履いた若い女性に多いのが「垂れ尻猫背」です。妊婦さんはおへその辺りのお腹が出っ張りますが、垂れ尻猫背の場合は骨盤が両方とも下がり、下っ腹が出てしまいお尻が垂れて両膝が開き気味になり、背中は猫背になるタイプです。猫背に一番多いタイプです。

「垂れ尻猫背」も腰痛は起きやすくなります。理想的な腰の前弯(半径19〜24cm)が消失してしまうと、腰のクッション役である椎間板にかかる負担が大きくなるため、「反り腰猫背」同様骨と骨の関節にも負担がかかります。「反り腰猫背」も「垂れ尻猫背」も背骨や骨盤のズレがあるため、このズレを治さない限り姿勢は良くならないのです。

【猫背姿勢は意識しても治らない!?】

姿勢を良くするために意識すればいいんですかね? とよく聞かれます。実はこれ、半分あっていて半分間違っています。本人も姿勢を意識して猫背になったわけではありません。つまり、無意識で猫背になっているのです。私たちの姿勢を支える「姿勢筋」は意識で支えているのではなく、意識せずとも体を支えるように働いている筋肉です。意識とは関係なく、今の状態を心地よい状態にするために勝手に働いている筋肉です。

例えば、パソコン作業をしているとだんだんとパソコンに顔が近づき、背中が丸くなり猫背姿勢になります。いつの間にか、、、そうなんです。。。気づいたときは前かがみになっちゃってて、あっ、いけないと思い姿勢を正すよう戻しますよね(^^ けど、またしばらくすると猫背姿勢になってますよね〜。これが現実なんです。いわゆる猫背姿勢があなたの習慣なんです。歯磨きや顔を洗うように習慣化されているのです。習慣化されちゃうと、脳はその姿勢が楽なんだなっと認識して、その猫背姿勢に戻そうとします。こうして猫背姿勢が出来上がるのです。。。なんと悲しいことか。

 

【姿勢を良くする習慣より姿勢を良くするアイテムが必須!】

結論から言いますと、姿勢を良くするアイテムは2つ。

①枕、もしくは枕の仕方を変える

②イスを替える

①枕、もしくは枕の仕方を変えるについて書きます。
姿勢を良くする必須アイテムの一つ、「枕、または枕の仕方を変える」です。「姿勢は夜つくられる」と言われています。つまり、寝姿勢がそのまま普段の姿勢になってしまうのです。多くの方が枕の仕方、枕選びを間違っています。いくら今の自分の頚部(首)の状態に枕を合わせて作っても、首が歪んでいたらその歪みのまま合わせて作ってしまうため、数か月もするとまた痛み出したら。首の調子が悪くなるのです。

半径17㎝の半円枕がない場合は、バスタオルをグルグル巻いて、拳大にして巻いたら首の後ろに当てて寝るだけです。特に大きな枕を頭にしている方は慣れないかもしれませんが、心地よくなってきます。

参考までに、当センターの簡単な枕の作り方動画を観てください(^^

②イスを替えるについて書きます。
座り姿勢も意識して良くすることはできません。ですから、意識せずとも座り姿勢が良くなるアイテムを使わない限り良い姿勢で座るのは難しいでしょう。こちらを観て下さい。小学6年生の息子の座り姿勢です。。。

この状態を2年、続けておりました。いつも座り姿勢が悪く、何度注意しても直りませんでした。座り方が悪くせいで、実はイスを1脚、壊しているんです。。。入学時に買った安いイスです。それが壊れたので、また違う安いイスに替えても同じ状態でした。

最近テレワークが多くなったこともあり、イスの選び方などの動画やサイトを見ると、高価で良いイスに座ると、疲れもなく何時間でも大丈夫、姿勢が悪くならない、、、などの情報があることを知り、思い切って高価なイス選びをしてみました。すると、どうでしょう、イスを替えただけで姿勢が良くなったのです。

steelcase製シンクチェア

安定感と座り心地は抜群で悪く座ろうとしても、逆に座れないくらいなのです!ビックリしました。高価と言っても中古です。中古で定価10万近くするものが2万円くらいで手に入るのでお勧めです。近くに店舗があったので実際に座ってみて決めました。大量の中古イスがおり、スタッフにお聞きして選んでいただきました。自分のものも欲しいのですが、、、お小遣いをためて買おうと思います(^^ こちらのサイト(オフィスバスターズ)です。ぜひ、イス選びは重要なことを実感してみてください。

【オプティマルヘルスセンター(OHC)では、「反り腰猫背」と「垂れ尻猫背」にはどう対応しているの?】

当センター(OHC)では、もうすでに姿勢の歪みがひどい場合は、背骨のズレ(サブラクセーション)を調整することと、乱れた自律神経(神経系含む)を整えることに主眼を置き、脳とカラダの調整を行います。脳とカラダのコミュニケーションが正常に行えるようになるようカイロプラクティック施術及びセロトニン活性療法により神経と脳に対しサポートを行っております。カイロプラクティック施術の理論に関しましてはこちらの映像をご覧ください。

 

そして、セロトニン活性療法は創始者である滝本氏(セロトニン活性療法協会代表理事)により20年以上の年月をかけセロトニン分泌に特化した施術法を導入しており、自律神経へのアプローチを格段に良くしております。滝本氏の研究は様々な論文にも掲載されており、その科学的根拠は示されています。

1.健常者成人に対するセロトニン活性療法の影響に関する研究

2.セロトニン活性療法が健常成人の唾液中のセロトニン分泌に与える影響

 

またオプティマルヘルスセンター(OHC)は、セロトニン活性療法協会認定院です。セロトニン分泌に特化した施術法を導入しております。セロトニン不足かも?と感じましたら、ぜひオプティマルヘルスセンター(OHC)まで気軽にお問い合わせ下さい。オプティマルヘルスセンター(OHC)は原則紹介制ではございますが、ご条件が合えばお受けできます。詳しくはこちら(料金をご確認下さいますよう、お願いいたします。

もし、あなたが3院以上、3か月以上通っているのに一向に良くならない場合は、背骨、神経、脳の専門とした施術を行うオプティマルヘルスセンター(OHC)へぜひお問い合わせください。本来、オプティマルヘルスセンター(OHC)は紹介制ではありますが、ご紹介者のいない新規のお客様もお受けしております。

「今すぐ、診てほしい!」という方は、下記の予約専用LINE(友だち追加)を登録してくださいね!
友だち追加
(↑こちらは予約専用LINEです)

もし、あなたが「いきなり通院はできない」と思われる場合は、オプティマルヘルスセンター(OHC)の「幸せホルモンで覚醒スイッチON!脳と体を最高にコンディショニング!」を無料動画配信中ですので、こちらを友だち登録して観てくださいね(^^